「障害のある方とつくる芸術祭『パラトリエンナーレ』

ヨコハマトリエンナーレ2017をサポートする市民ボランティア「ハマトリーツ!」は、アートに関する知識を深める「トリエンナーレ学校」を、10月25日(水)に開催します。
13回目となる今回のタイトルは、「障害のある方と多様な分野のプロフェッショナルが創るアートプロジェクト~「ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017」の活動に迫る」です。
ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017は、障害のある方とアーティストをはじめとする多様な分野のプロフェッショナルによる国際芸術祭で、2014年に続き、今回が2回目の開催となります。

今回のトリエンナーレ学校では、現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ」と対をなす”もうひとつ(パラ)”のトリエンナーレ「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」にスポットを当てます。
プロジェクトマネージャーの野崎美樹氏をお迎えし、前回展の成果や課題をどのように今回展に繋げたかお話し頂きます。
また、今回展は、第1部「創作」、第2部「発表」、第3部「展示」の3部構成で実施していますが、5月から9月に実施した創作の取組や、先日開催した「不思議の森の大夜会」についてもご紹介します。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、多様な人々がお互いを理解・尊重できる寛容性のある社会の実現に向け、文化芸術がどのように貢献できるのか、参加者とともに考えます。

記事:PRTIMES
画像:創造市横浜

関連記事

ページ上部へ戻る