自治体が無料で掲載できる 観光マップ開始

株式会社マピオンは、自治体や観光事業者が発信する観光スポットやイベント情報を、デジタル地図上で閲覧できるコンテンツ「マピオン観光マップ」を10月12日から開始します。併せて、本コンテンツに観光情報を掲載していただける自治体や観光事業者を募集します。

■マピオン観光マップについて

URL:https://www.mapion.co.jp/d/tourist-map/
「マピオン観光マップ」では、自治体による観光情報が掲載された全国の観光地図をスマホやPCなどで閲覧できます。観光スポットやイベント情報を市区町村別の地図から探せるほか、スマホやタブレットのGPS機能により現在地からルート検索もできます。観光スポットの住所や営業時間、電話番号などの観光に役立つ情報を掲載しています。情報は自治体により常に更新されるため、これまでの観光マップにある、「地図を見て行ったらお店がなくなっていた」「観光スポットが一時閉館していた」などの課題が解消できます。
旅行中に近くのスポットを探すことはもちろん、自宅などで旅行計画を立てる際にも活用できます。現地に行かないと入手できない紙の地図とは異なり、「旅前」から「旅中」まで観光をサポートします。

■掲載自治体を募集
観光客の集客や周遊に活用できる「マピオン観光マップ」に、観光スポットやイベントなどの観光情報の掲載を希望する自治体(市区町村単位)や観光事業者を募集しています。掲載は無料です。
自治体は、規定の登録フォームに入力するだけで、簡単に自治体ごとの観光マップが作成できます。観光客に向けて、マルチデバイスに対応したデジタル版観光マップを提供できます。自治体側で常に情報更新が可能のため、季節ごとのイベントを掲載するなど新鮮な情報を発信できます。また、観光マップは、自治体のホームページにリンクを設置できるほか、登録されたスポット情報をマピオンの各コンテンツと連携させ観光客を集客することができます。

■背景

観光振興において、地域の魅力を国内外に情報発信するためにコンテンツの整備が進められています。その中で、多くの自治体や観光事業者では、観光客に向けて、周遊や道案内を目的とした紙媒体の観光マップを作成しています。しかし、紙の地図では、流通方法が限られ、現在地がわかりにくい、常に最新の情報を掲載できないなどの課題があります。そこで、ホームページやアプリによって観光マップをWEB上に公開する自治体もありますが、予算や技術的なリテラシーが必要となり、情報の修正や更新も速やかな対応は難しいのが現状です。
当社では、このような課題を抱える自治体や観光事業者向けに、観光スポットやイベント情報を無料でWEB地図上に掲載できるコンテンツを開発しました。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る