日本旅行好きのタイ人インスタから動向をチェック

東南アジアの中でも特に写真好きと言われるタイ人。今回はタイ人が日本旅行の際に撮影した写真の中を参考に、「タイ人が日本でどんな写真を撮りたいのか」 を探っていきます。

「絶景」と、「自分が素敵に映る絶景」のどちらも求めている

息を呑むような大自然、この瞬間にしか見ることのできない風景など、日本人でも感動する日本の風景に、同じように外国人も感動しています。その絶景の写真を撮影するのはもちろんのことですが、タイ人観光客のポイントとしては絶景だけでなく「自分も一緒に写って素敵かどうか」がSNSに投稿する上でポイントだとよく言われます。

ひまわり畑のひまわりの素敵さも良いのですが、広大なひまわり畑を一望する写真より 「自分と比べてこんなに大きい!」という一言と共にこの写真を投稿したほうが、「こんなに大きなひまわりがあるのはどこ?」とフォロワーの反応も良かった とのこと。

とてもタイ人観光客が好きそうな一枚です。日本らしい紅葉と自分、そして落ち葉を持っているのが観光している写真というよりナチュラルで真似したくなります。ポイントは、「画像検索をしても見ることの出来ない写真」 。写真好きなタイ人はそもそも写真撮影のスキルが高く、構図やポジション、そしてライティングにこだわります。彼らがSNSで投稿している写真をこまめにチェックしてみると、タイ向けのプロモーションビジュアルのヒントになります。

観光パンフレットやSNSで広告配信をする時、つい’ファインダーの向こう側’に見える様子をメインビジュアルに使ってしまいがちですが、この写真のように 「撮影している瞬間」や「カメラを持っている写真」、「スマホの画面の様子」が定番化 していて人気なのもタイの特徴といえます。

タイ人観光客が日本旅行中にセルフィー(自撮り)をするタイミングは?

いつでもどこでもセルフィー(自撮り)をしているイメージのあるタイ人観光客。

    日本旅行中のタイミングを聞いてみると、

  • 友人に報告するポイント(到着・ご飯を食べる時・買い物をする時など)
  • ライティングが良い時(ライティングがドラマティックだったり、肌が綺麗に見えそうな明るいときなど)

という声が上がりました。フォロプロップスやインスタフレーム、顔ハメパネルが写真撮影とSNS投稿のきっかけには なっていない ということがわかります。ライティングというのも確かにセルフィー写真では顔の印象がメインなので、暗いところで撮影することより明るい方が撮影している様子をよく見かけます。

#タイ人訪日リピーターは次の日本旅行ではこういう写真を撮ってみたい!

タイ人観光客が写真を撮りたいと思うのはどんな風景なのでしょうか?訪日経験回数が違うと「日本で撮りたい写真」の種類も違うことが分かりました。
訪日回数10回以上(留学経験あり):「祭りの人々」「ストリートミュージシャン」「日本らしい家屋」
非日常を撮りたいというより、日本の日常、日本人にとっては当たり前の風景に興味が高いと言えます。
訪日回数3回以上(全て旅行):「雑踏の中の自分」「水族館のトンネルの中と自分」
日本人の中に溶け込んでいる自分を撮りたいという意見でした。スーツ姿のサラリーマンが多い駅なども該当するようです。
訪日回数ゼロ (日本旅行未経験):「風景」「日本料理」
日本でセルフィーしたい、とにかく全部写真を撮りたい、日本にいる自分の写真をとりたいというイメージがあるようです。
訪日経験や日本への知識の差により、撮ってみたい写真にもかなり違いが出てきます。FIT(個人旅行客)の訪日リピータータイ人に対してプロモーションする場合は、単なる風景の写真だけではひびきにくいといえるのではないでしょうか?

ちなみに、訪日経験に関係なく、大人気インフルエンサーpimthaの構図を真似たいタイ人も多数いるので、インフルエンサーの写真の特徴を見るのも勉強になります。

タイ人にとってセルフィー&インスタにアップという一連の行動が日常的なもの であるかがわかると思います。誰かに報告する時に写真で伝える、というのが一般的と言えるかもしれません。

SNSで話題のタイ人観光客にとってアツい場所になるには?

立入禁止の場所に外国人観光客が入って写真を撮影することが問題になることがありますが、立入禁止スポットとして有名になってしまってはもったいないです。タイ人観光客が撮影したい写真はどんなものなのかを知った上でフォトスポットを設置したり、どこから撮る写真がおすすめかを教えてあげることが出来ます。

花畑の中でのショットも大人気です。このような写真を撮りたいと思って訪れた観光地で、NGばかりだと残念になってしまう気持ちは理解できますよね。もちろん危険な場所や入ってはいけない場所があるのは事実なので、注意喚起と別のフォトスポット提案をセットでしてみる のはいかがでしょうか?

また、「検索しても出こない写真」を撮りたい、と思っているのがリピーターのタイ人観光客の特徴 です。現地セールスや現地媒体への掲載時に、検索するとだれても見ることのできる画像を使ってプロモーションし続けるのはもったいない といえます。訪日に興味のあるタイ人に対し、ある程度の知名度が出来てきた場合は「検索しても出てこない写真」にこだわってパンフレットを作成するのもよいかもしれません。

記事・画像:訪日ラボ

関連記事

ページ上部へ戻る