「星取県」ビールで乾杯。サッポロ「黒ラベル」に夜空

サッポロビールは星空の美しさをアピールしようと鳥取県の官民が進める観光施策「星取県」とのコラボ企画として、星取県のイメージをデザインした黒ラベルの缶ビールを発売する。11月7日から同県限定で販売し、350ミリリットル缶で7万2000本の販売を見込んでいる。

 星のマークを商品ロゴにしている黒ラベルにちなんで商品化した。同社担当者は「創業地の北海道では鳥取県からも多くの入植者がいたという縁がある。鳥取の盛り上げにも貢献したい」と話す。

 県と連携して星取県を推進する鳥取商工会議所青年部のメンバーらが同社側に企画を提案し、実現した。同青年部連合会の牧浦健泰会長は「大手企業の力も借りて鳥取の魅力を発信していきたい」と期待する。

記事:2017年11月1日 日本経済新聞
画像:サッポロ

関連記事

ページ上部へ戻る