野生の恵みを生かす特別料理「王様のジビエ」

「星野リゾート 軽井沢ホテルブレストンコート」のメインダイニング「ブレストンコート ユカワタン」では、 2017年12月16日~2018年1月8日に、王侯貴族のための特別料理であった「王様のジビエ」を提供します。長野県では11月15日から狩猟が解禁になり、軽井沢周辺でも鹿、猪、野兎などの野生獣が入手できます。この土地だからこそのジビエ料理は冬の最高のごちそうで、熟成感あるワインとのマリア―ジュで堪能するディナーです。

冬の軽井沢だからこその楽しみ「焚き火アペロ」

冬のディナーは、カクテルとジビエのシャルキュトリーを味わう「焚き火アペロ」(アペロとは食事の前にお酒を楽しむこと。食前酒=アペリティフの略語)から始まります。凛とした澄んだ空気の中、降るように輝く星空はとても美しく、薪のはぜる音を聞き、揺らめく炎を見つめながらお酒を楽しむひとときは、冬の軽井沢ならではの優雅な楽しみです。

記事・画像:Value Press

関連記事

ページ上部へ戻る