ふるさと納税や企業の寄付などで高校生の学習室を整備

神奈川県秦野市は、同市の中心部にある「はだのこども館」3階の学習室を改修、大学受験用の参考書などの蔵書を充実させるとともに、貸出・返却機を設置し、参考書などを自由に貸し出しできるようにする。貸出・返却業務は無人で行う。2017年11月中にもサービスをスタートさせる予定だ。学習室は従来から高校生による受験勉強の利用が多く、これまでも年間約5000人が利用している。

記事・画像:日経BP

関連記事

ページ上部へ戻る