ふるさと納税“活用”で「こども宅食」開始

東京・文京区で「ふるさと納税」の寄付金を活用して、経済的に困窮する家庭に食品を届ける「こども宅食」が始まった。

これは「子どもの貧困」の解消をめざして文京区とNPO法人などが、区内の児童扶養手当や就学援助を受けている家庭に食品を届けるもので、15日から配送が始まった。1つの世帯に支給されるのは約3キロのコメやお菓子、レトルト食品などで、ほとんどが企業からの寄付だが、文京区への「ふるさと納税」の寄付金も活用される。

NPO法人フローレンス・駒崎弘樹代表理事「この食料がひとりでも多くの子どもたちの手にわたって彼らの笑顔につながっていけばいいなと思います」今年度は150世帯を対象に今後、2か月に1度、食品を届ける予定で、自治体が参加するこうした取り組みは日本で初めてのこと。

記事:日テレ news24
画像:マイナビニュース

関連記事

ページ上部へ戻る