訪日外国人専門の旅行会社

訪日外国人(インバウンド)専門の総合旅行会社。日本の名所観光にホテルやバスを加えた団体旅行向けパッケージ商品の企画販売が主力だ。個人客向けではなく、海外の旅行会社に商品を販売するのが特徴。広告宣伝費など間接コストがかかりにくく、収益力が高まりやすい。

 旅行商品は、地方を巡るツアーなどに強みを持つ。李炳燦社長は「格安航空会社(LCC)の地方空港就航が増え、訪日客が地方を訪れる需要が高まっている。事業に追い風」と話す。商品は親会社のある韓国だけでなく、ベトナムやインドネシアなどアジア各国にも販売している。

 インターネットで旅行商品を購入する個人客の需要増に対応するため、専用のサイトの構築を急いでいる。調達する資金はシステム開発費などに充てる。2017年12月期の連結業績は売上高が前期比40%増の71億円、純利益は15%増の10億円を見込む。

記事:2017年12月7日 日本経済新聞
画像:http://creatoz.eu/

関連記事

ページ上部へ戻る