「民泊」でお試し移住、長崎県平戸市

プロジェクト名は「『空き家』×『民泊』 平戸市地域おこし協力隊の挑戦!」。調達した資金は、空き家の修繕費や自動火災報知設備費、民泊施設登録申請費などに充てられる。民泊体験した移住希望者が希望すれば、施設を本人名義に変更・契約することでスムーズに移住生活へ移行できるようにする。

平戸市は人口約34,000人で、長崎県北部の平戸島と周辺の40の島々から構成されている。史跡などの観光地が有名で、市内には温泉を備えたホテルや旅館、ゲストハウスなどが多く営業している。しかし一方、市内には不動産会社が少なく住まい探しが困難で、移住者希望者やUターン、Iターン希望者が住まい探しの難しさを理由に移住を断念するケースがあった。

記事:民泊大学
画像:長崎移住ナビ

関連記事

ページ上部へ戻る