AR( 拡張現実)で伊丹市の魅力をPR

伊丹市は今まで発行していた市勢要覧と観光マップをリニューアルし、AR(拡張現実)を活用した冊子「いたみをみたい」を発行しました。
写真だけでは伝わりきらない雰囲気を伝えるために、伊丹スカイパークや荒牧バラ公園などの観光スポットをはじめ、伊丹まちなかバルで参加者が飲食や音楽演奏を楽しむ様子をARで紹介。
無料アプリ「HP Reveal」をスマホにインストールし、ARマークのある写真にかざすとスマホ内で動画を楽しむことができます。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る