闇に浮かぶ氷瀑。冬の奥入瀬渓流ライトアップ

青森県十和田市は10日、夜の奥入瀬渓流をLED(発光ダイオード)照明を搭載した車の先導で巡る氷瀑(ひょうばく)ライトアップツアーのバス運行を開始した。インバウンド(訪日外国人旅行)需要を意識し、企業版ふるさと納税を活用して今冬から始めた事業で、初日は計2便に計50人ほどの申し込みがあり、昼間とはひと味違う渓流の美しさを堪能した。

 市中心部を午後4時すぎに出発した第1便には約30人が乗車。奥入瀬渓流の成り立ちや見どころについてのガイドを車内で受けながら夜の渓流に入った。石ケ戸休憩所を過ぎると車内の明かりが消され、最初のスポット・馬門岩に。

記事・画像:Yahoo!ニュース

関連記事

ページ上部へ戻る