自分だけのカップヌードル 発明・発見の楽しみを体験

自分だけのカップヌードルやチキンラーメンを作る……。数多くある企業ミュージアムの中でも、群を抜いた人気を誇るのが、横浜にある「カップヌードルミュージアム横浜」だ。多くの人々をひきつける魅力はいったいどこにあるのだろうか。

同館のオープンは2011年9月。アートディレクターの佐藤可士和氏が総合プロデューサーを務めた。同館のコンセプトは「発明・発見の面白さを子どもたちに伝える」こと。安藤百福の創造的思考(クリエーティブシンキング)、つまり起業のベースになっている考え方を展示や体験から学べるようになっている。

 コンセプトのベースになっているのは、インスタントラーメン発祥の地、大阪府池田市に1999年に誕生した「インスタントラーメン発明記念館」。創業者・安藤百福がいかにしてインスタントラーメンを発明したかを展示するとともに、04年には、自分だけのカップヌードルが作れるマイカップヌードルファクトリーを新設、人気を高めた。

2階の展示コーナーを経て3階に上がると、特に高い人気を誇る体験コーナーにたどり着く。世界で1つだけのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」とチキンラーメンの製造を原材料の段階から体験できる「チキンラーメンファクトリー」だ。

「マイカップヌードルファクトリー」は、基本的に予約不要(多客期には早期の受け付け終了の可能性も)で、館内の自動販売機で専用のカップを購入(300円、税込み)すれば体験できる。

記事・画像:NIKKEI STYLE

関連記事

ページ上部へ戻る