軽井沢の別荘を民泊に

持ち主からの要望受けて構想、町は全域で通年禁止の方針

ホテル大手の星野リゾート(長野県軽井沢町)が軽井沢町で管理を請け負っている別荘を使い、民泊事業への参入を検討していることがわかった。同町は静穏な環境確保などを理由に、町内全域で民泊を通年禁止する意向だが、国は過度な規制に難色を示す。独自の条例を検討中の長野県は市町村全域での規制はしない方針のため、星野リゾートは参入余地があると判断したようだ。

記事・画像:日経スタイル

関連記事

ページ上部へ戻る