車窓に映るNYの街が音楽を奏でるAR施策

2003年以来のニューヨークでの開催となった2018年グラミー賞。主催するRecording Academyは、久しぶりのニューヨークでの開催を祝ってユニークな施策を実施しました。その名も「Play the City」。

Uberで車内に乗り込んだ乗客。
後部の窓が楽譜になっており、車が走り出すと…車窓に映る“人や景色”を読み込んで、リアルタイムで“それら”を音符に変換して、楽曲が生成され、車内にメロディーが流れるという企画です。

記事・画像:adgang

関連記事

ページ上部へ戻る