外国人観光客も仰天の『セルフパーキングスリッパ』

日産が開発した、スイッチ一つで駐車時に必要なすべての操作を自動で制御する『プロパイロット パーキング』。駐車スペースを自動で検知し、簡単な操作で安全かつ正確に車庫入れをしてくれる、最先端の機能です。
このプロパイロット パーキングをPRするため、同社は箱根の老舗旅館とコラボしたユニークなキャンペーンを実施しました。

数寄屋造りの旅情あふれるたたずまいが美しい『塔ノ沢一の湯本館』で採用されたのが、こちらの『セルフパーキングスリッパ』。スリッパの裏面に小さなローラーが仕込まれていて、ボタンを押すだけで整然と並ぶ仕掛けとなっています。

この旅館に宿泊するには、Twitterで日産の公式アカウントをフォローし、『 #PPP旅館 #wanttostay』のハッシュタグを付けてツイートすると申し込みができるとのこと。

ちなみに本施策は、『TECH for LIFE』というキャンペーンの一環で、オフィスの椅子が、パチンと手を叩くだけで所定の位置へと戻る『インテリジェントパーキングチェア』、そして行列のできるレストランで待っている時に、椅子がひとりでに動いて次の場所へと移動してくれる『プロパイロットチェア』に続く第3弾となっています。
日本の『おもてなし』と日産の高い技術を掛け合わせ、人々をワクワクさせる体験を提供したプロモーションでした。

記事・画像:adgang

関連記事

ページ上部へ戻る