PS4のゲームがプロジェクションマッピングでNBAの試合をジャック

PlayStation4対応のゲーム「God of War」が、アメリカで、バスケットボールの会場を使って大迫力のプロモーションを展開しました。
舞台はカリフォルニア州オークランドのオラクルアリーナ。NBAのチーム、ゴールデンステート・ウォリアーズのホームゲームです。

ハーフタイム、コートに特製の防水シートがかけられ、ゲームの世界を描いた3Dプロジェクションマッピングが始まります。

同時にアリーナ上部に吊るされた大型ビジョンも活用し、アリーナが一気にゲームの舞台を象徴する“雪の北欧の風景”に生まれ変わりました。その大掛かりな演出に観客は思わず写真撮影したり、歓声を挙げます。

この模様は会場にいる観客にリーチするだけでなく、1,000万人以上のファンがいいね!しているウォリアーズのFacebookページでライブ配信するとともに、そのうち30秒間はスポーツ専門テレビ局ESPNでCM枠でOAされました。

記事・画像:adgang

関連記事

ページ上部へ戻る