あべのハルカスで、300メートル見下ろす体験

近鉄不動産は日本一高いビル「あべのハルカス」で地上300メートルの高さの眺望を屋外で楽しめるアトラクション、「エッジ・ザ・ハルカス」を3月7日からオープンする。

エッジ・ザ・ハルカスはビル屋上の最南端に専用のデッキを設置、20メートルの距離を命綱をつけて歩いて渡る内容だ。料金は1人1000円で、別途展望台の入場料(大人で1500円)が必要となる。体験客は60階にある展望台で身分証を提示のうえ参加を申し込み、衣服の上から専用ユニホームを着用する。一度に5人まで体験することができる。アトラクション体験の様子を記念写真に残す撮影サービスもつける。

記事・画像:2018年2月28日 日本経済新聞

関連記事

ページ上部へ戻る