スキルシェアで地域交流の活性化

“教えたい人“と”学びたい人“をつなぐCtoCのまなびのマーケット「ストアカ」を展開するストリートアカデミー株式会社は、2018年3月2日(金)より全国の企業・自治体のパートナーの事前登録を開始します。学びたい、教えたい、場所を提供したい団体様を募集し、全国各地でまなびのコミュニティの活性化を目指します。

<スキルシェア>で地域交流の活性化を提案
ストアカは「自由に生きる人を増やす」というミッションのもと2012年にサービスをスタートしました。誰しもが、スキルを持っています。一方で、何かを学びたいと思っても、価格や条件に見合った「まなびの場」を見つけることは難しいのが現状です。新しいスキルは、雇用の創出やビジネス促進につながり、個人が教え合うことは地域全体の交流や活性化にもつながります。教えたいと学びたいをオンラインでマッチングするストアカは、気軽なまなび場を全国に広め、生き生きと生きる人を増やすために地域のパートナーの募集を行います。

    想定している募集パートナー

  • 空いているスペースの活用を検討している企業や団体
  • 福利厚生に学びを導入することに興味のある企業や団体
  • スキルシェアを地域による独立、起業の推進に役立てたい自治体や団体
  • 生涯教育の推進に関心のある自治体、団体
  • 一般参加型の講座を主催することに関心のある企業や団体

ストアカこれまでの実施事例

1)まなび×地方創生
地域で「教えることで起業する」「起業することで学ぶ」機会の創出を通じ、個人による起業と地域全体の活性化を推進しています。

2)まなび×ライフスタイル

各地の商業施設のスペースを利用し、スキルを持つ地域の個人講師が様々なジャンルのワークショップを開催。買い物ついでに気軽にまなびを体験できます。受講者が購買を行うことで商業施設の賑わいにも繋がっています。また、蔦屋書店 中目黒では、出勤前の朝の1時間を活用し「朝活」を実施。集客が難しい朝の時間帯を有効活用することを可能にしました。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る