ふるさと納税で移住の芽育成

ふるさと納税をしたり転勤で住んだりして、その地域に親近感を持った人と自治体との交流を総務省が後押しする。きっかけがないと行きにくい地域を実際に訪ねる機会をつくり、伝統行事や地域活動の担い手になってもらうなどして将来の移住の芽を育てる。モデル事業として2018年度に30程度の市町村を選び、効果を検証する。

記事:2018年2月21日 日本経済新聞

関連記事

ページ上部へ戻る