「仮面女子」映画、「JK課」グッドデザイン賞で鯖江PR

福井県鯖江市は、市のPRを担う「めがねのまちさばえ大使」に任命したアイドルグループ「仮面女子」とコラボし、短編映画を平成30年度に制作する。国内の映画祭に出展するほか、イベントなどでの上映でプロモーションを進める。

30分程度の映画数本を秋までに完成させる予定。眼鏡や漆器といった市を代表する産業などを取り入れるが、プロモーションビデオとは異なり、ストーリーを持たせた映画作品にするという。鯖江を仮面女子ファンや映画ファンの“聖地”にする考えだ。

30年度当初予算案に事業費1千万円を計上。国の補助を受けるほか、ふるさと納税に特化したクラウドファンディングも活用する。

同市はこのほか、女子高生が市政運営を担う「JK課」で、30年度のグッドデザイン賞獲得を狙う。JK課の活動そのものを認知してもらう目的で、予算案に120万円を計上した。

記事:産経ニュース
画像:http://liveplus.asia/casting/detail/0241/

関連記事

ページ上部へ戻る