映画のない街・高知県幡多地域で映画祭を

高知県観光政策課は、2005年3月に最後の映画館が閉館した四万十川の流れる高知県幡多地域にて、映画という文化の灯を守りたいという有志によって始められた映画のない街での映画祭「四万十映画祭」を2018年3月23日(金)~25日(日)にて開催します。

「四万十映画祭」では世界を目指す作品の発掘を目的としたアワードを創設し、コンペティションを開催。プロアマ問わず募った作品で国際マーケティングのプロフェッショナルによる選考を行います。受賞作品は今後の国際展開をフォローアップするなど、世界に向けた登竜門となる映画祭を目指します。

記事・画像:@Press

関連記事

ページ上部へ戻る