坂のまち信州小諸で標高差950mの自転車レース

小諸サイクリングプロジェクト・浅間山麓自転車大会実行委員会では、2018年5月20日(日)、標高差950m距離11kmのコースを駆け上がる本格的な自転車レース、信州・小諸サイクリング・フェスティバルあさま「車坂峠ヒルクライム大会」を開催します。

今年で14回目を迎えるこの自転車レースは、標高1,025mのチェリーパークライン入口からスタートし、標高1,975.3mに位置する車坂峠までのコースで開催されます。ロードレーサーの部、MTBの部、女子の部との3部門が行われ、参加者のタイムを計測。

また、上記3部門の他に、タイムを測定せず、楽しみながら走ることができる「エンジョイの部」も実施し、自転車だけでなく、電動アシスト付自転車による参加も可能。中間地点となる1,444mの乙女スロープで休憩後に再スタートできるため、初心者でも気軽に参加することができます。

平均傾斜度8%を越える急傾斜のコースと、約1,000mの獲得標高がツール・ド・フランスの名所「ラルプ・デュエズ」に似ていることから、「日本のラルプ・デュエズ!?に挑戦」というキャッチコピーがつけられているこのレース。桜の並木や新緑のカラマツ林など、浅間山麓の美しい自然が味わえるために、過去13回の開催で多くの自転車レーサーから愛されるイベントに成長してきました。

記事・画像:@Press

関連記事

ページ上部へ戻る