二条城の桜を「映像×光×音」でアートに

株式会社ネイキッドは、2018年3月23日(金)〜4月15日(日)まで、世界遺産である元離宮二条城にて開催される『二条城桜まつり2018-桜の宴- Directed by NAKED』(主催:京都市)のイベント演出・制作を手掛けます。弊社が二条城桜まつりの演出を手がけるのは昨年に続き今年で2回目となりますが、昨年のプロジェクションマッピングを中心とした構成から、演出内容を変え、プロジェクションマッピングだけでなく、光と音の演出を加え、現代的アートで演出箇所も拡大しています。

京都の名所×現代的アートが融合したお花見
 昨年の桜まつりでは、期間中の来城者数が335,711人(日中・ライトアップ営業時間含む)と、日本中から注目される京都の桜スポットのなかでも、名所の一つとなっています。本年の桜まつりは、昨年も人気であった唐門でのプロジェクションマッピング演出に加え、光と影、そして、音を使い、現代的アートのアプローチで二条城の建築物、そして二条城に咲く、山桜、里桜、八重紅枝垂桜など50品種300本もの桜を演出します。

 本年は、昨年にはなかったお堀の演出を加え、唐門に彫り込まれた龍をイメージし、龍が桜の宴に来場者を誘うバックストーリーで会場演出を構成しています。春を起こしていく白い龍が二条城を通り抜けていくさまを、唐門ではプロジェクションマッピングで映像、そして、お堀に光と影、音響を用いるなどして会場全体を演出しています。

 また、上記の通常演出だけでなく、「和」を中心としたステージイベントや、京都の名産や名店の飲食ブース、物販コーナーなど、国内外のお客様が桜が咲いてない早春の時期でも、二条城で桜やお花見を楽しむ企画を多数用意しています。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る