インバウンドの約84%にリーチする「観光案内サービス」

Deaps Technologies株式会社は、地域や事業者のサービス導入拠点を中心とした周辺案内を追加、表示できる次世代観光案内サービス「chizco(チズコ)」で、2018年3月20日(火)より多言語化対応を開始することをお知らせ致します。

AIを活用した機械翻訳で、訪日外国人の約84%に対応
「chizco」は、WEBサイトのアクセスマップにコードを1行追加するだけで、周辺案内を可能にするマップサービスです。これまで英語翻訳に対応していましたが、この度中国語、韓国語に追加対応致しました。これにより、訪日外国人の約84%に対応します [1]。翻訳にはAI(機械学習)を活用し、従来より高い精度の表現を実現しています。翻訳精度は機械学習により今後も改善していきます。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る