金魚型の灯篭「金魚ねぷた」をテーマにしたイベント

青森の文化を満喫する宿「星野リゾート 青森屋」では、2018年6月1日から8月31日までの期間中 毎日、金魚型の灯篭「金魚ねぷた」と青森の方言で氷を意味する「しがっこ」をテーマにしたイベ ント「しがっこ金魚まつり」を開催します。金魚ねぷたの始まりは、江戸時代、津軽藩士のみが飼う ことができた大変高価な金魚「津軽錦」を模して灯篭を作ったことだといわれています。今では青 森の夏祭りの装飾には欠かせないものとなりました。青森に残る金魚文化を伝えるため、イベント 期間中は、450以上の金魚ねぷたで彩る「金魚ねぷた灯篭回廊」の実施やひんやり涼むことができ る3種類の金魚メニューの提供をします。

記事・画像:Value Press

関連記事

ページ上部へ戻る