世界有数の本のまち神保町に本と人との交流拠点

神保町の旧・岩波ブックセンター跡地に、本を中心に人々が集い新しい知識・新しい仲間に出会える、本と人との交流拠点「神保町ブックセンター with Iwanami Books」がオープンします。

まちづくりにつながる事業企画、建築設計、店舗運営を行うUDS株式会社は、2018年4月11日、東京・神保町の旧・岩波ブックセンター跡地に、書店・喫茶店・コワーキングスペースの複合施設「神保町ブックセンター with Iwanami Books 」(以下、神保町ブックセンター)を開業いたします。

世界有数の「本のまち」神保町に誕生する神保町ブックセンターは、岩波書店アネックス内の旧・岩波ブックセンター跡地をUDSが貸借し企画・設計・運営を行うプロジェクトです。本を中心に人々が集い、新しい知識・新しい仲間に出会える、神保町における「本と人との交流拠点」を目指しています。

神保町ブックセンターは、学術書から一般書、児童書や辞典など「考える」力を養う本を提供しつづける岩波書店の書籍を揃えた「書店」、本を読みながらくつろげる「喫茶店」、本に囲まれた空間で仕事ができる「コワーキングスペース」(LEAGUE*神保町)の3つの機能を複合させた施設です。

1階フロアを取り囲む本棚には単行本から文庫、新書、児童書、自然科学書、辞典まで、岩波書店から現在刊行されている約9000点の書籍を取り揃えます。さらに「NUMABOOKS」代表で下北沢「本屋B&B」共同経営者であるブック・コーディネイター内沼晋太郎氏をアドバイザーに迎え、本や出版に関する幅広いイベントを開催していくことで新しい学びや気づき、出会いが生まれるきっかけを提供していきます。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る