終電を検索したユーザーにピンポイントで広告配信

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所は2018年4月10日(火)、iPhone・Androidアプリ「駅すぱあと」で終電検索をしたユーザーを対象に広告を配信できる「終電ターゲティング広告」の提供を開始します。

「駅すぱあと広告」は、iPhone・Androidで累計820万ダウンロード(※)を超える乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」のユーザーの経路検索データを活用し、ユーザーの生活圏や行動情報を独自にセグメント化したターゲティング広告です。

これまで、特定の駅を「出発駅」や「到着駅」として経路検索したユーザーに広告を配信する「駅指定配信」や、特定の路線やエリアを検索したユーザーに広告を配信する「沿線指定配信」などを提供してきました。

このたび新メニューとして、終電時間を検索したユーザーにのみ広告配信が可能な「終電ターゲティング広告」の提供を開始します。

「終電ターゲティング広告」では、終電で帰宅予定のユーザーに加え、終電を逃してしまったユーザーを想定した広告配信が可能です。タクシーなどの他交通手段や宿泊施設、翌朝まで営業している店舗への誘導などに活用することができ、歓送迎会が増える時期に広告主からのニーズが高い広告メニューです。

「駅すぱあと広告」では、今後もユーザーの移動情報や駅情報を活用し、広告主とユーザーのマッチングを行い、企業のデジタルマーケティング活動を支援してまいります。

記事・画像:@Press

関連記事

ページ上部へ戻る