ホテルマンが街ご案内

星野リゾート(長野県軽井沢町)は11日、観光客に特化した都市型ホテルの新ブランド「OMO(オモ)」でホテルスタッフが宿泊者向けに街歩きに同行して案内するサービスを始めると発表した。ホテルの進出競争が激しくなり、特別な体験を楽しむ「コト消費」の人気も高まるなか、ひと手間かけた運営で他社との違いを出す。

「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」というOMOのコンセプトを具現化するのが体験サービス「Go-KINJO(ゴーキンジョ)」だ。

 ホテルスタッフが「ご近所専隊 OMOレンジャー」と名付けた案内役を務める。色違いのユニホームを着用し、徒歩圏内でガイド本に載ってない穴場の飲食店や名物ママのいるスナック、催しなどを案内する。ホテルにこもらずに街に出かけてもらう仕掛けだ。

 所要時間が1時間で無料の「散歩」のほか、2時間で1人1000円(飲食代など除く)の4コースを用意する。有料コースは東京・大塚は「はしご酒」「昭和レトログルメ」「ナイトカルチャー」など。ホームページやフロントで申し込む。

記事:2018年4月11日 日本経済新聞
画像:https://www.hoshinoresorts.com/

関連記事

ページ上部へ戻る