無人島サバイバル検定始動

無人島サバイバル検定マスター級認定プログラムは、無人島をサバイバルするのに必要となる下記の各分野について、実際の無人島で実践しながら学ぶプログラムです。

<火の扱い>
– 燃料の調達や、道具を使った火おこし、安全な火の管理について実践します。
<食料調達>
– 釣りや銛などの道具を用いた魚介類の調達を実践します。
<水分調達>
– 道具を使った水分調達、雨水の濾過装置の製作などを実践します。
<クラフト>
– ナイフの扱い方について実践します。
<ナビゲーション>
– 自然を使った方角の特定、地図を用いた現在位置の特定などを実践します。
<安全対策>
– 熱中症や怪我の予防について実践します。
<環境維持>
– 無人島の環境維持について実践します。

プログラム参加者はプログラム修了後、無人島サバイバル検定マスター級認定を取得することができます。同認定は、無人島でのサバイバルにおける基礎的なスキルがあることを無人島サバイバル協会が認めるものです。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る