フラッシュ撮影すると肉眼で見えない物が写る驚きの写真体験

アプリのインストールなしに楽しめる業界初の印刷サービスの提供を開始します。SNSを通じて拡散が期待できる商材として、広告やプロモーションに利用可能。従来の単色だけのサービスだったものから、フルカラー化に成功しました。BtoBに向けて専用メディア販売も開始予定です。

スマホやカメラでフラッシュを当てて撮影することで、肉眼で見ている物と異なった情報を保存することができるもので、現在、特許出願中です(出願番号:特願2018-067883)。SNSを通じて写真をシェアする機会が増加している昨今、広告やプロモーションとしての利用が見込まれます。

記事・画像:Value Press

関連記事

ページ上部へ戻る