理科がもっと好きになる「楽しく学ぶ夏休み企画」

東レ株式会社と株式会社JTB、株式会社リバネスは、小学校3~5年生を対象とした宿泊体験型教室「青空サイエンス教室」を2018年8月2日(木)~8月4日(土)の3日間、山梨県南都留郡富士河口湖町にて開催します。この教室への参加者の募集は2018年4月27日(金)から開始します。今年も公式Facebookページを通じて、4月末の募集開始から8月のイベント終了までの期間を中心に、「青空サイエンス教室」の情報を発信していきます。

 「青空サイエンス教室」は、子どもたちが理科を好きになるきっかけの場となることを願い開催するもので、自然体験を通して、楽しみながら理科の原理を学んでもらおうというものです。最終日には、学んだことをみんなの前で発表するプレゼンテーションの時間もあり、参加した小学生が一回りも二回りも成長できる夏休みならではの企画です。過去3回の「青空サイエンス教室」では、水浄化実験、モデルロケット開発、様々な色に光るレインボーキャンプファイヤーなど、多彩な実験教室プログラムを実施しました。毎年リピーターも多く、募集定員を超え抽選での参加になるなど大変好評をいただき、今年で4回目の開催となりました。今回は「サイエンスがつまった“発見”の旅に出かけよう」というテーマの下、新たな試みとして、スポーツを取り入れたプログラム等も企画しています。
 なお本企画はJTBが、同社の親子で楽しめる自然体験・仕事体験などのホンモノ体験を提供するJTB「旅いく」プログラムの一環として旅行企画・実施するものです。そして、内容の企画を東レが、プログラム監修をリバネスが担当します。

 近年、日本では子どもたちの理科への興味・関心・学力の低下や、国民全体の科学技術知識の低下、若者の進路選択時の理工系離れといった「理科離れ」が進んでいると言われています。また、この「理科離れ」により、将来の研究者や技術者が育たず、日本の技術力の低下やものづくりの基盤が危うくなるといった課題が問題視されています。このような状況をうけ、東レでは従来から行っている出張授業などの理科教育支援活動に加えて、宿泊体験型のプログラムとして「青空サイエンス教室」を提案し、JTB、リバネスらとともに企画・開催しました。このプログラムを通じて、小学生のうちから理科に興味を持って取り組む環境づくりをすることで、その後の理科離れの改善、次世代を担う人材の育成を目指します。

記事:PRTIMES
画像:https://www.ut.ee/et

関連記事

ページ上部へ戻る