ホテルを家に、空き室シェア

サンフランシスコには、エアビーの逆でホテルを家にできるというサービス「エニープレイス」がある。

現在はサンフランシスコとロサンゼルスでサービスを提供中。近くニューヨークでもサービスを開始する。ホテルごとに異なるが、30~32日が最短の契約期間で、1カ月単位で契約できる。

利用者側のメリットはシンプルだ。長く滞在することで、安く宿泊することができる。例えばサンフランシスコのダウンタウン近辺のホテルは、エニープレイスなら月1600ドルで借りることができる。このホテル、通常の宿泊料金は1泊160ドルほど。普通に1カ月宿泊したら4800ドルである。エニープレイスなら3分の1の料金で滞在できるのだ。ちなみにサンフラシスコ市内のワンルームアパートの相場は3000ドルほど。賃貸として考えても1600ドルは破格である。

住むために必要な家具、Wi―Fiなどの設備はもちろん備わっている。かつルームクリーニングも週1回程度用意されているところが多い。ホテルによっては朝食付きの場合もある。

エニープレイスの利用者は、長期出張や引っ越しの合間の時期など、一時的な住居として利用している層が7割。そして残り3割は新しいライフスタイルとして、ホテルを家として暮らしているという。

エアビーの台頭により、空室が増えたり、価格競争にさらされていたりするホテルも多い。そんな中、ホテルは全体の1~2割の客室をエニープレイスに提供することで、繁閑に左右されず、安定した収入を得ることができる。エニープレイスが事前に利用者の身元確認をしている。不審者に利用される心配もなく、ホテルにも喜ばれているそうだ。

もちろんホテルなので、キッチンがない、ランドリーがないなど不便な点もある。しかしながらサンフランシスコには、オンデマンドのレストランデリバリー、クリーニング、そしてカーシェアなどのサービスが充実している。将来的にはシェアサービスなどとの提携も検討しているという。

記事:2018年4月27日 日本経済新聞
画像:https://www.millenniumhotels.com/

関連記事

ページ上部へ戻る