地域活性化の担い手として注目が高まる「関係人口」

「定住人口」「交流人口」という言葉をよく聞くが、最近、「関係人口」というキーワードに注目が集まり始めているという。

関係人口とは、ふるさと納税を寄付した人、出身者や赴任経験者、その地域に関心や愛着のある人、支援したい人、2地域居住の人など。総務省でも、その地域に親近感を持つ人と自治体の交流を後押ししていて、今年度は約30市町村を選んで、効果などを検証していくという(参照サイト)。

記事:にいがた経済新聞
画像:https://tradingeconomics.com/japan/population

関連記事

ページ上部へ戻る