「白い恋人」が婚活支援、カップル成立3倍増

人気商品「白い恋人」の名前にあやかって恋愛気分を――と、石屋製菓(札幌市)が同社工場のある北海道北広島市の婚活事業を支援したところ、カップル成立件数が3倍強に増えた。

市の婚活事業は2014年度からスタート。石屋製菓は「白い恋人」製造工場の同市設置を機に、同事業をサポートすることを決め、16年度に31万5298円、17年度に43万4642円を「企業版ふるさと納税」として寄付した。

ゲンのいい商品名が縁結びに効いたのか、カップル成立件数は16年度に15組、17年度に12組で、この2年で計27組に。寄付が行われる前の2年間の計8組に比べ、急増した。

記事:yomiuri online
画像:https://www.oricon.co.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る