インフルエンサーの6割以上が1投稿当たり10枚以上の写真を撮影

フォロワー1万人超のインスタグラマーに聞いた、フォロワー数を増やすコツ

 調査結果によると、1投稿当たりに撮影する写真の枚数で最も多いのは「10~50枚未満」(53%)と半数以上が10枚以上撮影している結果となりました。次いで多いのは1~10未満で36%。「50枚以上撮影」している人も11%と1割を超えていました。

Instagramを利用する時間帯では、最も多いのは「22~23時」で45%、次いで「19~21時」(35%)という回答が多く集まりました。1日の利用時間は、「1~2時間」(34%)が最も多く、次いで「2~3時間」(29%)が多い結果でした。

インフルエンサーは情報収集に何を使っているのでしょうか。Instagram以外の利用SNSを聞くと、最も多いのは「ブログ」で35%。次いで「Twitter」(31%)が多く、「YouTube」(16%)がそれに続きました。

 この調査ではフォロワーを増やすコツや、普段努力していることについても尋ねています(自由回答)。回答を見ると、「写真の色やバランスに統一感を持たせる」といった世界観の統一や、「ハッシュタグを厳選して付ける」といったハッシュタグの付け方、投稿時間帯を選ぶことをポイントとしておさえている人が多いよう。また、「フォロワーさんからのコメントには丁寧に返事をする」「フォロワーさんと信頼関係を築く」「いいね返しをきちんとする」など、フォロワーとのマメなコミュニケーションをコツとして挙げる人も多いようです。

 その他にも、「いいねの数が多い写真の撮り方を研究する」「とにかく丁寧に。レビューは誰よりも分かりやすく。そして正直に」「海外のサイトでインスタグラムのアルゴリズム変更とその対策に関する文を読んで実践」など、インフルエンサーのメディア運営にかける並々ならぬ努力や情熱が伝わってきます。

記事:ITmedia
画像:https://fstoppers.com/

関連記事

ページ上部へ戻る