絵画から野菜と果物が消える美術館のプロモ

ある調査によるとヨーロッパに住む人々のおよそ86%が、野菜や果物を十分に摂っていないといいます。そこに着目した大手家電メーカーのPHILIPS(フィリップス)はオランダで、人々に野菜や果物を日々摂取することの大切さを再認識させつつ、同社が製造するジュース用ミキサーのユニークなプロモーションを実施しました。

フィリップスは、アムステルダム国立美術館の協力を得て、館内に展示されている“野菜や果物が描かれている有名な絵画”を、“それら”が削除されたレプリカ絵画へと差し替えたのです。例えばこんな具合です。こちらは本物の絵画。

そしてこちらが野菜や果物が(ほぼ)なくなったレプリカの絵画です。

この絵画を目にした鑑賞者たちは、不思議そうな表情を浮かべます。

さらに美術館のキュレーターは、絵画の中にたった一つだけ残ったリンゴを“絵画から取り出す”というトリックを見せます。


キュレーターは取り出したリンゴをPHILIPSのミキサーにかけてジュースにします。そして自ら飲むとともに、美術館の鑑賞者に振舞いました。

有名な絵画から“野菜や果物が消えてしまった…”という違和感を通じて、“野菜や果物の存在意義”について鑑賞者に直感的に感じてもらう狙いです。そしてジュースにして飲むことで、視覚だけでなく味覚でも実感してもらうとともに、ミキサーを効果的に訴求しています。

記事・画像:adgang

関連記事

ページ上部へ戻る