信州大と東大、軽井沢に拠点

信州大学社会基盤研究センターと東京大学先端科学技術研究センター、長野県軽井沢町は寄付講座「軽井沢医療安全法学―健康推進地域を目指して」を設置した。臨床医を軽井沢病院(同町)に派遣し、医療研究を進めるほか、地域の課題解決のための研究拠点を町内に設置する。研究拠点には医療分野の研究者や弁護士も配置する。設置期間は2023年3月末までで、5年間の総事業費2億5000万円は軽井沢町が拠出する。

記事:2018年5月23日 日本経済新聞
画像:https://allabout-japan.com/

関連記事

ページ上部へ戻る