デザインをリサイクル、新しい社会貢献のかたち

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会の事業のひとつであるクラフトエイドは、アジアの女性たちが家事や畑仕事の合間に手仕事でつくるアイテムを日本で販売し、その収益が子どもたちの教育資金となることを目指して活動しています。厳しい立場に置かれているアジアの女性たちと対話し、民族の文化を尊重したアイテムをつくり、信頼し合えるパートナーとして一緒に仕事をしています。

30年間活動を行っていますが、生産者が安心して生活出来る環境を作るため、また彼らの文化を残すためには、これまで以上に多く販売し活動を広げていく必要があります。しかし、デザインという仕事を専門的に知らない私たちや生産者では、日本のお客さまが納得する“品質とデザイン”をもつアイテム作りは十分に出来ません。

そこで、2018年4月からクリエイティブディレクターにFUJI TATE P(フジタテペ)を迎え、アイテムからブランドの世界観まで大規模な改革を推進。今回、その大規模改革の中で重要な課題のひとつである“デザイン”を強化するため、ふたつの企画を始動いたします。

まずひとつめが、『Design Recycle』です。アパレルや服飾雑貨メーカーの現在は生産終了となったデザインやパターンを提供していただき、それをアジアの手織り生地や手刺繍で生産し、新しいアイテムとして展開するというものです。この企画は使われなくなったデザインやパターンのリサイクルであり、同時に教育支援・フェアトレードを推進する当会と共同することで社会貢献活動にもつながり、広く持続可能な社会を目指す企業として発信していただけると考えています。アイテムのカテゴリーは問いません。ご協力いただけるアパレルメーカーを大募集いたします。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る