漂泊のバイト3万人、細る農村の助っ人に

細る日本の農業に思わぬところから助っ人が現れた。都会での生活になじめず、将来に惑う20代、30代が全国の農村を渡り歩く。様々な事情を抱えながら人手不足の現場を支える「農業バイト」の数は3万人とも言われる。

記事・画像:2018年6月3日 日本経済新聞

関連記事

ページ上部へ戻る