「写真を見て即買い物」インスタグラムにリンク機能

写真投稿アプリのインスタグラムは5日、企業が投稿した商品の写真から電子商取引(EC)サイトに移動できるサービスを始めたと発表した。利用者が関心を持った商品をスマートフォン(スマホ)で手軽に購入できる仕組みをつくり、アプリの利用頻度を高める狙いだ。

ショッピング機能は2017年3月に米国などで導入した。法人向けのアカウントを持っている企業は自社が投稿した写真に商品名や価格などが表示されるタグを付けられる。消費者は商品が気に入れば、商品の販売ページに移動し、スマホで購入できる。日本ではGMOペパボの手作り品の販売サイト「ミンネ」など6つのアカウントが試験的に運用してきた。インスタグラムの日本の月間利用者数は2000万人以上。

記事・画像:2018年6月5日 日本経済新聞

関連記事

ページ上部へ戻る