誰でも“スマホとQRコードだけ”でスタンプラリーが主催可

システム開発の株式会社かけはし(本社:岐阜県大垣市)は、特別なハードウエアやアプリケーションを使用することなく、スマートフォンのみでお気に入り情報を収集・管理できるシステム「かけはしメモリー」(特許出願中)で、2018年夏から秋にかけてのスタンプラリー主催者を募集いたします。なお、収集データの公開を条件に参画費用は無料です。

■スタンプラリー主催者の募集背景
「かけはしメモリー」では、スタンプラリーにおけるシステムの有効性データ収集を目的に、東海地区3カ所程度でモニター実験を行います。それに伴い、本モニター実験にご協力いただけるスタンプラリーの主催者を募集します。

■「かけはしメモリー」について
特別なハードウエアやアプリケーションを必要とせず、スマートフォンのカメラ機能とQRコード(かけはしメモリー)の組み合わせのみで機能するシステムです。QRコードは、品物、地点、行為などあらゆるものに付与できますので、ショッピングや飲食、レジャーだけでなく、製造業や物流業の業務プロセス管理やセミナー参加者の受講履歴管理などにも応用が可能です。画像や仕様のデータが揃えば、項目数は無制限に設定できます。

■「かけはしメモリー」導入
導入しやすいのが、スタンプラリーへの応用です。単にスタンプカードの代替ではなく、利用者のデータベース化、行動履歴の取得などが可能ですので、スタンプラリーへ参加したユーザの行動パターンを分析して次の企画を立てたり、参加者に対して、イベント終了後にお知らせを流したりできます。さらにネットショップと連動すれば、利用者がスタンプラリーで記録した商品等を後日注文することも可能です。地域や構成員に縛られないユニークなスタンプラリーを企画すれば、個人や市民団体でも特別なアプリを構築することなく、ビジネスとして、安価にグルメラリーやウオークラリーを主催することができます。

    <その他の導入例>

  • ショップ:実店舗に来店して商品に“惚れた”お客さまを、ネットショップに誘導して売り上げアップ!
  • 飲食店:お客さまが必要なときに思い出してもらえるお店になれる!
  • ハンドメイド作家:作品に触れて・惚れてくださったお客さまと、その場で簡単につながれる!
  • イベント主催者:音楽イベント・セミナー等のパフォーマンスのファンになった方に、確実にイベントを発信できる!
  • 宿泊施設:宿泊施設固有の情報から地域の観光情報まで、タイムリーに能動的に発信できる!

記事:@Press
画像:https://jp.techcrunch.com/

関連記事

ページ上部へ戻る