ネット資金調達 地域活性化に、広島県三原市

広島県三原市は地域活性化を目指す市民らへの支援策として、インターネットで小口資金を募るクラウドファンディングを今年度導入する。地域の空き家や景観、特産品などを活用してにぎわい作りを目指す事業の活動資金として寄付を募る。

 対象は集金目標額が100万円以上で、目標額に達しなくても集まった資金や自己資金で実施する事業。市がふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で資金を集め、事業主に交付する。

 目標額に達しない場合は市が差額の50%(上限50万円)を上乗せして交付する。今年度2件以上の事業着手を目指す。

 昨年、市が開いた中心市街地活性化の勉強会では古民家をリノベーションして活用するなど3件の提案があったという。

記事:2018年6月6日
画像:http://magazine.coassets.com/

関連記事

ページ上部へ戻る