朝採れ野菜と客があいのり 高速バスで産地直送

京王電鉄は26日、高速バスで乗客と一緒に農作物を運ぶ「貨客混載」で長野県駒ケ根市と連携を始めた。朝収穫した農産物を駒ケ根―新宿間の高速バスで輸送。都内の京王グループのスーパーで販売する。

記事・画像:2018年6月27日 日本経済新聞

関連記事

ページ上部へ戻る