「仲間と泊まる学校」小学校の廃校舎をリノベーション

「仲間と泊まる学校 ちょうなん西小」は、マイナビとして初となる廃校を利用した事業で、最大84名までが宿泊できる団体宿泊施設です。学生の合宿(サークル / 部活動 / ゼミ)、企業の研修、団体旅行など、2万1千平米以上の敷地を自由に使うことができます。職員室をリノベーションしたカフェも併設し、宿泊者だけでなく地元住民の皆様の憩いの場となり、町の地域活性化にも寄与することを目指します。

人口約8,000人、3,200世帯が住む長南町は、急速な少子高齢化や人口減少などの問題に直面している過疎地域です。かつての賑わいを取り戻すため、廃校を活用した企業誘致をはじめ、積極的に町をあげて対策を図っています。弊社は、都心からのアクセスや緑豊かな環境に魅力を感じ、本学校を活用した事業を決定しました。

記事・画像:PRTIMES

関連記事

ページ上部へ戻る