ラスベガスは街中テーマパーク。夏休みに家族で楽しむ

24時間眠らない街といわれる米ラスベガス。大人の街のイメージだが、実はアウトレットモールのすぐ近くに子供向け施設があるなど、テーマパークのようなホテルの数々は家族で訪れてもなかなか楽しい。どんな年代でも楽しめるラスベガスの穴場や遊び方を案内しよう。

セブンマジックマウンテンズは、ラスベガスから車で約30分。砂漠に突如現れるアート作品だ

ネバダ州ラスベガスは、年間約4300万人もの観光客が集まる街。日本から直行便はないが、ロサンゼルス国際空港から約1時間15分、サンフランシスコ国際空港から約1時間30分でラスベガスのマッカラン国際空港に到着する。空港から中心部であるストリップと呼ばれる大通りまでは、渋滞がなければ車で約15分で着くというのがいい。


ホテルの廊下も古代ローマを思わせる不思議な空間「シーザーズ・パレス」


 ラスベガスは、まずホテルがテーマパークのようで楽しい。パリ、ニューヨーク、古代エジプト、古代ローマ、ベネチアなどをテーマにしているホテルを巡れば、それだけで世界一周気分が味わえる。ホテル「ニューヨーク・ニューヨーク」の中には遊園地のようにローラーコースターも。

 そして、ホテルの客室仕様も「シーザーズ・パレス」のようにジャグジーバスのある部屋や「ヴィダラ・ホテル&スパ」のようにキッチン付きのスイートなどバリエーションが豊富。

 ホテルには、音楽に合わせて水が踊るような「ベラッジオ」の噴水ショーや迫力ある火山の爆発が見られる「ミラージュ」の噴火ショーなど、毎日行われる無料で楽しめるアトラクションもあちこちにある。

電飾輝くアーケードに集まるお客の頭上を滑空する「スロットジラ」と呼ばれるアトラクション

 ホテルではないが、ダウンタウンの「フリーモントストリート」では、ビルの8階ほどの高さがあるアーケード内で光と音のアトラクションが繰り広げられる。このアーケードの天井をスーパーマンが空を飛ぶような姿勢で滑降するアトラクションは痛快だ。

迫力さえ感じるリムジン。中は窓に向いてソファのようにも腰かけられる

 同系列のホテルを回る無料シャトルバスや路線バスも出ているが、ある程度の人数で移動するなら、日本ではありえない大きさのリムジンをチャーターしてみては。料金は会社によって異なるが1時間80ドルほどからある。内装も凝ったリムジンに乗り込んで街に繰り出すなんてそうそうできない体験だ。

街からちょっと出ると、荒野のラスベガス。街から南へ車で約30分ほど走ると、砂漠地帯に突如カラフルな石積みのようなものが見えてくる。遠目には大きさがわからないが、近づくと高さが10メートルほどもある大きなオブジェだ。

近づいてみて、その大きさに驚かされる「セブンマジックマウンテンズ」

 この「セブンマジックマウンテンズ」は、スイス人アーティストのウーゴ・ロンディノーネ氏によるパブリックアート。ニューヨークとネバダのアート美術館によるファンドを受けて、造り上げられた作品だ。何トンもの重さの石灰岩が絶妙なバランスで積まれて、ポップな色に塗装された7つのオブジェは、角度によって様々な表情を見せる。

 格好の撮影映えスポットとして、様々なメディアやインスタグラムなどに登場している。この作品は期間限定のインスタレーションで、もともとは展示が開始された2016年5月から2年間の予定が、好評を博して18年末まで展示延長になったそう。見られるのはそれまでかもしれない。

 またラスベガスは、世界自然遺産ですばらしい景観を誇るグランドキャニオンへアクセスする出発点でもある。飛行機で約1時間半、そこからバスで回ることもできるが、空から雄大な眺めを見るならヘリコプターでの観光がおすすめ。

グランドキャニオン観光はヘリコプターがおすすめ

 例えば、パピヨンという会社が催行するヘリコプターツアーでは、約1時間半の飛行で、フーバー・ダム、ミード湖、コロラド川などのパノラマを堪能して、雄大なグランドキャニオンを上空から存分に眺められる(1人200ドル から)。また、グランドキャニオンの渓谷の上に着地してのシャンパン・ピクニックが含まれるツアーも(1人300ドルから)。

■テーマパークのようなホテルには子どもも楽しめるスペースも
ラスベガスは大人の街という印象が強いが、テーマパークのようなホテルには、子どもも楽しめるスペースも。「サーカス・サーカス・ホテル・カジノ&テーマパーク」では、ホテル内で無料のサーカスが開催され、ジェットコースターをはじめとする遊園地がある。

 また、驚異のパフォーマンスで日本でも人気が高い「シルク・ドゥ・ソレイユ」の水を使った「オー」が上演される特設会場のあるホテル「ベラッジオ」には、ホテル内に見上げる高さのドームに覆われた温室植物園がある。植物で作られた巨大なオブジェは見応え十分。子どもには夢の中の世界のようかもしれない。

 また、ショッピング天国のラスベガスで、お得にショッピングが楽しめるのは、有名ブランドも含めて常時ディスカウント商品がそろう「ラスベガス・プレミアム・アウトレット」。ノースとサウスと、街の南北に2つある。

1990年からダウンタウンにあったチルドレンズ・ミュージアムがこちらに移ったのは2013年と歴史がある

子どもたちの創造力を刺激するアートコーナー。英語がわからなくても楽しめる

 「ラスベガス・プレミアム・アウトレット・ノース」には、そこから徒歩で10分もしないところに子ども向けの体験型ミュージアム「ディスカバリー・チルドレンズ・ミュージアム」がある。水力やエコロジー、アートなどのテーマが設けられた10の体験型展示に幼児向けのスペースもある。

 中に入って遊べる海賊船や建物の中心には4層になったジャングルジムのような設備もあって、身体も動かせる。病院や銀行、スーパーマーケット、建設現場などの職業を疑似体験できるスペースも。子どもだけでなく一緒にいる大人も楽しめる、遊びながら学べるミュージアムだ。インドアで涼しく、ママがお買い物の間にパパと子どもが時間を過ごすのにぴったり。入場料は、大人も子どもも14.5ドルとお手ごろ(月曜休館)。

 街といい周辺の自然といい、バラエティーに富んだ魅力のラスベガスは、遊びのバリエーションも実に広かった。

記事・画像:NIKKEI STYLE

関連記事

ページ上部へ戻る